一軒家

害獣の被害が起こる前に│イタチ駆除は業者に任せよう

駆除せずに追い出す

アライグマ

アライグマは害獣に含まれているため、早めに駆除しないと様々な被害を引き起こしてしまうでしょう。ですが、アライグマは市町村の許可なく駆除してはいけないという法律がありますから、許可なく行なってしまうと罰則を受けるので注意してください。ですから、駆除業者に依頼しないと問題を解決することはできません。ですが、駆除することは禁止されていても家の中から追い出すことは禁止されていませんので、様々な道具や対策を行なって家の中から追い出して住み着かないようにしましょう。家の中から追い出すためには煙で燻しだす方法が効果的ですから、燻煙剤を使用して家の中から追い出すようにしてください。この時に気をつけることは、燻煙剤を使用して家のどこから出ていくのかをチェックする必要があります。一度追い出しても時間が経てばまた戻ってきますので、2度と侵入されないように侵入ルートを塞ぐ必要があります。ですから、燻し出す際にどこから逃げ出すのか確認すれば、そこが侵入ルートですからそこを塞ぐようにしましょう。アライグマはルートを塞がれても穴を掘って侵入することがあります。それを防ぐには家の周辺にアライグマが苦手な臭いを出す忌避剤を複数設置する必要があるのです。他にも微弱な電気を発生させるトラップや、センサーが反応すると強力な勢いで水を噴射する装置なども設置してみてください。いろいろなトラップを設置すれば家の中にアライグマが侵入することはありません。